宿便をとるのに下剤は効果的?下剤を使うと危険な理由とは?

腸内に長期間溜まった宿便。便やガスの臭いがきつくて気になる、お腹が張っている、吹き出物に悩まされているなど、宿便や便秘に悩まされている人も多いはず。そんな宿便をすっきり出すには、どうしたらいいのでしょうか?

 

なかには、下剤を飲んで出すという方法もありますが、その効果や気を付けておきたいことをお伝えしていきます。

下剤の種類

宿便を出すための薬に使われている成分は、ほとんどが下剤成分です。下剤には、大まかに分けると緩下剤や刺激性下剤があります。緩下剤は大腸が水分の吸収を抑制することで、便に含まれる水分が多くなり、結果、便をやわらかくする働きがあります。

 

対して、刺激性下剤は大腸を刺激してぜん動運動を促し、宿便を移動させて排出しやすくする働きがあります。そのため、下剤を飲むと、腸内に溜まった宿便も一度に排出されるといった効果が期待できます。

できれば下剤は使わない!

実際、宿便を出すのに便秘薬や下剤を使用している人も多いのではないでしょうか。たしかに下剤を使ってしまえば、腸内に溜まった便をすぐに排出できるので、一時的にすっきりします。

 

ドラッグストアや薬局で手軽に手に入るので便利ですが、常用は避けたほうがいいでしょう。下剤は薬なので副作用もあり、体に悪影響を及ぼす可能性もあるからです。

下剤の作用とは?

下剤には、生薬の「センナ」など自然由来の成分を含んでいるものもあります。こういった自然の生薬でも、腸にとっては強い刺激となります。一般的に下剤は、腸がぜん動運動を行うよう刺激を与えたり、便に水分を含ませて排便を促したりする作用があります。

 

こうした刺激に体が慣れてしまうと、多少下剤を飲んだだけでは効かなくなる恐れが生じます。

下剤を使用し続けると、悪化する可能性も

下剤に体が慣れ、効果があらわれなくなると、薬の量を増やさなければならなくなります。そのため体には負担がかかりますし、すでに腸の働きが鈍くなっている状態なので、ますます便秘になり宿便が溜まりやすい状態になります。

 

下剤は長期連用せず、たまに使用する程度にとどめておきましょう。下剤による刺激は、食べ物が入ってきたときの刺激やお腹をさすってマッサージするときの刺激とは違いますので、注意しておく必要があります。

 

また、ダイエット中で食事量が少ないにもかかわらず、宿便を出すために下剤を使ってしまうと、水分過多になり下痢を引き起こしてしまうこともあります。たとえ宿便が出たとしても、体にダメージがかかってしまうのです。

目指すは宿便がたまりにくい体質

下剤を飲んで一時的にすっきり宿便を出すことができても、体質を改善できたわけではありません。下剤に頼らず、自力で出せるよう腸内改善していきましょう。宿便を出すために必要なことは、便秘を解消すること。

 

便秘の人は、健康的な人より多くの宿便をため込んでいる可能性がありますので、便秘を改善して宿便もすっきりとるようにしましょう。おすすめの方法をご紹介します。

食物繊維をとる

便をやわらかくし、排便するためには食物繊維が必要不可欠です。イモ類、海藻類、フルーツなど、食物繊維が豊富に含まれた食材をとるよう心がけましょう。

日常生活に運動を取り入れる

徒歩や自転車で移動できる距離は、バスや電車を使用しないようにして、続けられる範囲で運動を取り入れます。適度な運動が習慣化すると、腸の動きも活発になり、排出するための筋力も鍛えられます。

朝起きたら水を飲む

朝起きたらすぐにコップ1杯の水を飲むようにします。胃が動き出し、排泄するための準備を始めます。

下剤よりも効果的なものとは?

食生活を改善したり、運動を積極的に行っても、便秘が改善されない、宿便がとれないという場合は、サプリメントなどで腸内改善をよくしていきます。

 

宿便を出すサプリメントで多いのが、腸内の善玉菌を増やして、老廃物の蓄積を妨げ、排出を促すというもの。即効性はありませんが、ゆっくり腸内改善を行っていくので、体に負担をかけることなく、宿便を出せるようになるでしょう。

 

また、毎日の食事だけでは十分な食物繊維をとることができない場合、サプリメントで補うようにすれば効果的です。短時間で多くの食物繊維をとることができるので、食生活が偏りがちな現代人にとっては重宝します。

 

サプリメントの他にも、便秘に効くお茶も上手に活用するといいでしょう。腸内環境を整えるための自然成分が配合されており、水分を取りながら体の内側から体質改善を図れます。

 

宿便をとるために水を飲むだけでは物足りないという方は、便秘に効果的なお茶を飲むと一石二鳥です。

まとめ

下剤は宿便をすっきり取り除くのに効果が期待できますが、常用すると体に負担をかけてしまうので、連続使用は控えたいものです。かわりに生活習慣を見直す、腸内改善に効果的なサプリメントをとるなど、体にいい方法で宿便を溜め込まない体質になりましょう。

 

宿便が溜まる、便秘体質になるには、様々なものが影響しているといわれています。食生活、ストレス、腸内環境の悪化など、複数の要因がある中で、それらを改善せずに下剤だけで排便をコントロールするのは難しいと心得ておいてください。