便秘の種類は一つじゃない!?機能性便秘の特徴と原因

便秘に良いといわれる食べ物や便秘薬を試しても、まったく効果を感じなかったという経験はありませんか?それは、もしかしたら自分とは違うタイプの便秘に効果のある方法だったのかもしれません。

 

一般的な便秘の多くは、大きく分けると機能性便秘に分類され、さらに3つのタイプに分かれています。便秘を改善するためには、自分の便秘のタイプを知ることが大切です。この記事では、機能性便秘の特徴と種類、それぞれの便秘が起こる原因について詳しくご紹介しています。

 

機能性便秘とはどんなもの?

機能性便秘とは、病気が原因ではない便秘のことであり、便秘と呼ばれる症状のほとんどが機能性便秘であるといわれています。便秘は原因や症状によって、「機能性便秘」と「器質性便秘」に大きく分類され、どちらも腸が正常に機能できず、排便がスムーズに行えなくなっているのですが、根本的な原因には大きな違いがあります。

 

一方の器質性便秘とは、胃、小腸、大腸、肛門などの消化器管に、なんらかの病気があることが原因で便秘が起こっている状態のことです。

 

機能性便秘の種類と原因

機能性便秘は大腸の機能不全の状態や原因によって、さらに「弛緩性(しかんせい)便秘」、「痙攣性(けいれんせい)便秘」、「直腸性便秘」の3種類に分かれます。それぞれの便秘には、次のような特徴があります。

 

1. 弛緩性(しかんせい)便秘

弛緩性便秘とは、便を押し出す力が弱くなり、腸に便が溜まってしまう便秘です。日本人の便秘全体の中で、弛緩性便秘がもっとも多いといわれるポピュラーな便秘であり、特に筋力が弱い女性や高齢者、運動不足の人に発症します。

 

弛緩性便秘の主な原因は、大腸の筋力が低下したことで弛緩(=ゆるくなる)してしまい、腸が収縮しながら便を移動させるための蠕動(ぜんどう)運動が十分に行えず、便が腸の中に長く留まってしまいます。さらに、次のようなことが原因で弛緩性便秘は発生します。

 

  1. 運動不足や加齢による筋力の低下
  2. 加齢による内臓の垂れ下がり
  3. 過度な食事制限と水分不足

 

弛緩性便秘で腸に溜まった便は、腸内の悪玉菌を増やして下腹が張ってしまううえ、水分が失われて硬くなるために、排便に苦痛をともなうようになることや、せっかく便が出ても残便感が残るなどの症状もあります。

 

2. 痙攣性(けいれんせい)便秘

痙攣性便秘とは、大腸の筋肉が過剰に動き、蠕動運動が活発になり過ぎて、排便のコントロールに異常をきたしている便秘です。蠕動運動が激しくなると、腸に痙攣が起きている部分に便が溜まって便秘を起こします。痙攣性便秘になる原因は、次のようなことで発生するといわれています。

 

  1. 自律神経の乱れ
  2. 精神的・肉体的ストレス
  3. ストレスを感じやすい性格

 

痙攣性便秘の主な原因は、ストレスによる自律神経の乱れが考えられます。便が腸の中を移動するために重要な蠕動運動は、自律神経の交感神経が深く関わっているため、ストレスにより自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になると、正しく排便ができなくなります。

 

また、大腸の機能が活発になり過ぎている状態は、便の水分が吸収されないうちに便が移動することもあるため、痙攣性便秘は便秘と下痢を繰り返す特徴があります。さらに、腸が活発になるので、下腹部に痛みを感じたり、便が上手く移動できず残便感を感じたりします。

 

3. 直腸性便秘

直腸性便秘とは、肛門の手前にある直腸まで便が運ばれているにもかかわらず、肛門の周囲になんらかの問題があることで正しく排便できない便秘です。直腸性便秘は、便意や排便をするときの「いきみ」が正しくできなくなっていために起こりますが、次のようなことが原因で発生するといわれています。

 

  1. 便意を感じても我慢することが多い
  2. 排便をするときに肛門を締める癖がある
  3. 加齢による直腸神経の機能低下
  4. 肛門の周囲の病気が原因でうまくいきめない

 

便意を感じても排便を我慢する習慣がある人は、我慢を繰り返すうちに便意が感じにくくなるため、直腸に便が溜まって硬くなり、便秘が慢性化しやすいことが特徴です。また、排便をするときに痛みを感じたり、無意識に肛門を締めたりして上手くいきめず、時間をかけても排便ができないことも原因としてあげられます。

 

便が移動するときに痛みや違和感があるときは、肛門の周囲に痔や直腸留などの病気が隠されている場合もあるため注意が必要です。肛門の付近にできた痔などの病気が悪化して、物理的に便が通れなくなった場合は、機能性便秘ではなく器質性便秘に分類されます。

 

機能性便秘の改善は便秘のタイプを知ることから

機能性便秘の発生の多くは、食生活、生活リズム、運動不足、ストレスを中心とする生活習慣が大きく関わっています。そのため、生活習慣を見直してストレスを溜めないようにすると便秘が改善に向かうことも多いです。

 

ただし、腸の中の問題と原因は3種類ではまったく違っているため、一般的に良いといわれる便秘改善法を試しても効果が実感できないことも多く、場合によっては症状を悪化させて逆効果だったということもあるのです。便秘を正しく改善するためには、自分の便秘のタイプを知ることから始めてみましょう。

便秘改善ならこちらのダイエットティーがおすすめ!

モリモリスリム

便秘を改善・解消したいなら今話題の便秘茶(ダイエットティー)がおすすめです。薬に頼らず、より自然に便秘を克服したい人に大人気です。毎日続けることができるので、身体の内側からキレイにしていきましょう。

便秘茶は「モリモリスリム」が飲みやすくて一番手ごろに手に入れることができます。薬ではなく、より自然に便秘を改善したい人は一度モリモリスリムをお試しください。


当サイト人気記事

便秘改善のお茶 痩せるお茶 ダイエットティー

便秘改善のお茶

便秘改善におすすめのお茶の理由を解説。カフェインを多く取りすぎると逆効果にもなるので注意。

詳細はこちらを確認

痩せるお茶

食事制限や運動をしてもなかなかすっきり痩せられない時は痩せるお茶を飲んでみるのもおすすめです。

詳細はこちらを確認

ダイエットティー

ダイエットのサポートとしてダイエットティーが話題になっています。賢く引用してキレイな身体を作りましょう。

詳細はこちらを確認