痙攣性便秘とはどんな便秘?症状の特徴・原因・改善法について

多くの人を悩ます便秘には、いくつかの種類があります。その中には、心の問題や生活習慣の影響で発症する、痙攣性(けいれんせい)便秘があることをご存じでしょうか?痙攣性便秘は通常の便秘対策では改善が難しく、間違った対策法を続けることで悪化させる可能性もある便秘です。

 

この記事では、痙攣性便秘の原因や症状などの基礎知識を詳しく解説しています。痙攣性便秘の改善方法についてもご紹介していますので、あわせて参考にしてください。

痙攣性(けいれんせい)便秘とはどんな便秘?

痙攣性便秘とは、大腸が痙攣(けいれん)を起こすことで収縮し、排便が少しずつしかできない状態の便秘です。口から食べたものが消化されて大腸に届き、スムーズに排泄するには、内容物を運ぶための蠕動(ぜんどう)運動が欠かせません。

 

痙攣性便秘は、なんらかの原因で腸が正しく機能せず、蠕動運動が激しくなることで、腸が痙攣し便の移動に問題が起きていると考えられます。そのため、一般な便秘対策法として知られている、食物繊維の摂取や便秘薬などで腸を刺激すると、ますます腸の痙攣を強くさせて症状を悪化させることになります。

 

痙攣性便秘の症状

痙攣性便秘のなると、大腸が過剰に働き便が溜まるため、次のような症状が現れます。

 

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • うさぎの糞に似た、硬くてコロコロした便が出る
  • 細い便が出る
  • 腹部の張りや痛みを感じる
  • 排便後も残便感があるが、それ以上便は出ない

 

痙攣性便秘の最大の特徴は、便秘なのに下痢も起こることです。これは、大腸の蠕動運動が活発になり過ぎたことにより、痙攣した部分では大腸が収縮して便秘になりますが、便の水分が吸収される前に押し出されると、下痢になってしまうのです。

 

また、痙攣性便秘は大腸が過剰に働いている状態ですので、胃腸が活発になる食後に腹部の痛みが強くなる傾向があります。

 

痙攣性便秘になってしまう原因とは?

痙攣性便秘は、一般的な便秘の原因である腸の筋力の低下とは違った原因で起こります。その原因には、次のようなものがあげられます。

 

1.自律神経が乱れている

痙攣性便秘のほとんどは、自律神経の乱れが原因といわれています。自律神経とは、内臓の機能をコントロールする役割がある神経であり、腸を含む消化器系に深く関わっています。

 

大腸の蠕動運動は、自律神経の交感神経が優位になることで働くようになっているため、通常は体がリラックスした状態のときに大腸は活発になります。しかし、自律神経のバランスが乱れてしまうと、大腸は正常に機能できず過剰に収縮が起きて、痙攣したような状態になってしまうのです。

 

痙攣性便秘を引き起こす自律神経の乱れは、ストレス、疲労、不規則な生活リズム、などが生活習慣が影響しています。

 

2.過敏性腸症候群による症状

痙攣性便秘は、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)が原因で発症するケースもあります。過敏性腸症候群とは、大腸の機能に異常が起こることで発生する病気の総称であり、病院で胃腸の検査をしてもはっきりした原因が見つからないことが特徴の病気です。

 

過敏性腸症候群は、仕事や人間関係などの精神的ストレスに対して腸が過剰に反応することから下痢や便秘を繰り返すといわれており、ストレスによる自律神経の乱れが関係しています。しかし、過敏性腸症候群は、一時的な自律神経の乱れというより、もともとストレスに弱い性格の人がなりやすいことが明らかになっています。

 

過敏性腸症候群による痙攣性便秘になりやすいのは、気が弱い、まじめ、うつ傾向があるなどの性格にあてはまる人です。過敏性腸症候群は、成人の5人に1人が発症しているといわれており、特に仕事やプライベートでストレスを感じやすい、20〜40代の年齢に多いことが特徴です。

 

痙攣性便秘を改善するための4つの対策法

痙攣性便秘の改善には、自律神経を整えて腸の働きを正常に戻すことが重要です。そのためには、次のような方法で便秘を改善するようにしましょう。

 

1.ストレスを解消する

痙攣性便秘の改善でもっとも大切なことは、自律神経に影響をあたえている、ストレスを解消することです。何に対してストレスを感じているのかわかっている場合は、ストレスを遠ざけることで、ストレスをため込まないようにしましょう。

 

2.リフレッシュできる時間を作る

痙攣性便秘は、ストレスを感じやすい性格が関係していることもあるため、日頃からリフレッシュできる時間を作ることもポイントです。休日は親しい人と一緒に過ごすことや、趣味に集中するなど、気分転換できる時間を過ごすこが腸の働きを整えることにつながります。

 

また、ウォーキングなどの軽い運動は、筋力をアップすることはもちろんのこと、ストレス解消効果があるのでおすすめです。

 

3.生活リズムを整える

不規則な生活習慣は、自律神経の乱れを招く原因になります。痙攣性便秘の改善には、夜はしっかり眠って疲労を回復し、朝はゆっくり排便タイムを作れるように早寝早起きを心がけましょう。

 

4.痙攣性便秘が長期にわたる場合は医師に相談を

過敏性腸症候群による痙攣性便秘では、ストレスがうまく処理できず、体調を気にしてますますストレスを増やすこともあります。そのため、生活習慣を見直しても、なかなか痙攣性便秘が改善しない場合は、専門の医師に相談することをおすすめします。

 

病院では、腸の運動を正常に整えるとともに、ストレスや緊張を取り除くための、薬物療法や自律訓練法などによって、ストレスをうまくコントロールできるための治療が行われます。

便秘改善ならこちらの便秘茶がおすすめ!

モリモリスリム

便秘を改善・解消したいなら今話題の便秘茶(ダイエットティー)がおすすめです。薬に頼らず、より自然に便秘を克服したい人に大人気です。毎日続けることができるので、身体の内側からキレイにしていきましょう。

便秘茶は「モリモリスリム」が飲みやすくて一番手ごろに手に入れることができます。薬ではなく、より自然に便秘を改善したい人は一度モリモリスリムをお試しください。


当サイト人気記事

便秘改善のお茶 痩せるお茶 ダイエットティー

便秘改善のお茶

便秘改善におすすめのお茶の理由を解説。カフェインを多く取りすぎると逆効果にもなるので注意。

詳細はこちらを確認

痩せるお茶

食事制限や運動をしてもなかなかすっきり痩せられない時は痩せるお茶を飲んでみるのもおすすめです。

詳細はこちらを確認

ダイエットティー

ダイエットのサポートとしてダイエットティーが話題になっています。賢く引用してキレイな身体を作りましょう。

詳細はこちらを確認