ストレスが便秘を引き起こす!メカニズムと対策法について

ストレスを感じることが多いとき、便秘になってしまうという経験はありませんか?便秘の原因はいくつかありますが、ストレスは腸の働きに影響をあたえるため、スムーズな排便ができなくなる要因の一つです。この記事では、なぜストレスが便秘を引き起こすのか、メカニズムについて詳しく解説しています。また、ストレス性の便秘を改善する方法もご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

ストレスが便秘を起こすメカニズム

ストレスが便秘を引き起こす理由は、ストレスによる自律神経の乱れが大きく関係しています。口から摂取した食物は、消化管が収縮を繰り返す蠕動(ぜんどう)運動によって、胃で消化されたものを大腸まで運んできますが、蠕動運動は自律神経によって管理されています。

 

蠕動運動の働きは、自律神経の副交感神経の作用で活発になり、交感神経は抑制する働きがあるため、排便には副交感神経が優位に働くリラックス状態が理想的です。しかし、ストレスが原因で交感神経が優位に働きバランスが崩れると、腸の機能低下から蠕動運動に問題が起こり、便通異常を引き起こして便秘になってしまうのです。

 

ストレスが原因の痙攣性(けいれんせい)便秘

ストレスが由来する便秘に、痙攣性(けいれんせい)便秘があります。痙攣性便秘とは、ストレスにより蠕動運動が過剰になったため、腸が痙攣して細くなった部分で便が溜まってしまう便秘です。しかし、その反対に便の水分が十分吸収されないままに押し出されることもあるので、便秘と下痢を繰り返す特徴があります。

 

痙攣性便秘になると、次のような症状の特徴が現れます。

 

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 下腹がキリキリと痛む
  • 強い便意が突然起こる
  • うさぎの糞のような硬くコロコロした便が出る
  • 細く短い形の便が出る
  • 排便があっても残便感が残る

 

痙攣性便秘の注意点

痙攣性便秘の原因になるストレスは、不規則な生活リズム、人間関係、環境の変化など個人差はありますが、お腹の不快感や排便の悩みを気にするあまり、さらなるストレスとなって便秘が長引くこともあります。

 

また、痙攣性便秘は蠕動運動が激しくなっている状態ですので、一般的に便秘に効くといわれる食物繊維の多い食品を積極的に食べたり、腸に刺激をあたえるタイプの便秘薬を使ったりしたことが、かえって症状の悪化を招くこともあるため注意が必要です。

 

ストレスを感じやすい人は過敏性腸症候群に要注意

痙攣性便秘が重症化した場合は、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)を発症することがあります。過敏性腸症候群とは、便秘や下痢、腹痛などの不快感が続くものの、病院で検査をしてもはっきりした原因を特定できない病気のことをいいます。

 

過敏性腸症候群は、ストレスを感じやすい性格の人に発症しやすいことから、ストレスホルモンによる影響で腸の機能低下が起きていると考えられています。過敏性腸症候群の症状には、便秘型、下痢型、便秘と下痢を繰り返す混合型の3タイプがありますが、男女別では女性が便秘型、男性は下痢型が多い傾向があります。

 

過敏性腸症候群になりやすい人の特徴

過敏性腸症候群になりやすい人は、次のような特徴があります。

 

  • 几帳面
  • 神経質
  • 感情表現が苦手
  • 責任感が強い
  • 緊張しやすい

 

過敏性腸症候群は先進国での発症が多く、日本においては10〜15%の人に発症が認められているといわれます。また、20〜40代の仕事や子育てなどでストレスを感じやすい年代に目立ち、男性よりもやや女性に多いことが特徴です。

 

ストレス性の便秘を改善する方法

ストレスが原因の便秘を改善するためには、ストレスとの付き合い方を見直すことが重要です。まずは、何に対してストレスを感じているのか認識してから、遠ざけられるものならストレスのもとと一定の距離をおき、避けられない場合は趣味や運動などで自分なりの気分転換を行うことで、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

また、早寝早起きを心がけ、3食しっかり食事を食べて、夜は十分な睡眠をとることもストレスの改善には大切です。そのうえで、物事を神経質に考え過ぎないように心がけ、ストレスを感じたら大きく深呼吸して、楽観的な気持ちでやり過ごすことが便秘の改善につながります。

 

ストレスによる便秘が長引くときは医師に相談を

ストレス解消や生活習慣の見直しをしても便秘が長引くときは、病院で専門の医師に相談することをおすすめします。検査の結果、過敏性腸症候群と診断された場合は、生活習慣の指導、薬物療法、心身医学的治療の3つを基本とした治療が行われます。

 

薬物療法では整腸剤などを使って腸の機能を整えながら、状態によっては抗うつ薬や抗不安薬の使用も検討されます。また、心身医学的治療では、認知行動療法、精神療法、自律訓練法などにより、物事の考え方や行動を見つめなおしてス、トレスとの付き合い方をケアしていきます。

 

過敏性腸症候群でも、日常生活に影響のない便通異常はセルフケアで十分といわれます。しかし、通勤や通学中にトイレへ行きたくなる状況が続くなど、日常生活に支障が出ているなら、大腸がんや大腸ポリープなどの腸の病気が隠されている可能性もあるため、検査で腸の状態を調べてみると安心でしょう。

便秘改善ならこちらの便秘茶がおすすめ!

モリモリスリム

便秘を改善・解消したいなら今話題の便秘茶(ダイエットティー)がおすすめです。薬に頼らず、より自然に便秘を克服したい人に大人気です。毎日続けることができるので、身体の内側からキレイにしていきましょう。

便秘茶は「モリモリスリム」が飲みやすくて一番手ごろに手に入れることができます。薬ではなく、より自然に便秘を改善したい人は一度モリモリスリムをお試しください。


当サイト人気記事

便秘改善のお茶 痩せるお茶 ダイエットティー

便秘改善のお茶

便秘改善におすすめのお茶の理由を解説。カフェインを多く取りすぎると逆効果にもなるので注意。

詳細はこちらを確認

痩せるお茶

食事制限や運動をしてもなかなかすっきり痩せられない時は痩せるお茶を飲んでみるのもおすすめです。

詳細はこちらを確認

ダイエットティー

ダイエットのサポートとしてダイエットティーが話題になっています。賢く引用してキレイな身体を作りましょう。

詳細はこちらを確認