お茶を飲んで便秘解消! 『便秘茶』の気になる効果と飲み方を解説

『便秘茶』は便秘解消法の中でも特に注目されています。 天然由来の原料から作られた便秘茶は、身体に優しく安全。下剤や浣腸のような刺激的な効き方をせず、自然に催すようになる点が人気を集めています。

 

便秘茶はどれくらいで効果が出る?

便秘茶の効果は早くても翌日以降に出ます。 便秘薬と違って、飲んで数時間後にはもうトイレへ……といった強烈な効き目ではありません。 穏やかに効き、自然にお通じを促すような効果です。

 

「1週間以上続く頑固な便秘に悩んでいたけど、便秘茶を飲み始めたら毎日お通じがくるようになった」という声もあります。 「今すぐ出したい!」という人なら別ですが、慢性的な便秘を解消したいなら便秘茶がオススメです。刺激が無く安定した効果が期待できます。

 

参考:便秘解消に効果的な便秘茶、選び方とおすすめ成分をご紹介

 

便秘茶に副作用はあるの?

便秘茶の副作用はほとんどありません。 便秘薬と比べて、有効成分が抑えられているからです。 便秘薬や下剤の場合、有効成分が多すぎるので腹痛や下痢を起こす場合があります。 成分が多いと腸に与える刺激も大きくなるため、便意がくる代わりに腹痛などの副作用まで起こるのです。

 

こうした強い刺激を長期間受けると、腸の機能が低下し便秘薬無しでの排便が困難になります。 いわゆる「下剤依存」という状態です。 個々人の体質によって便秘薬の効き目も変わりますが、強い便秘薬は副作用のデメリットも大きくなる傾向にあります。

 

便秘茶は有効成分が抑えられているので、強い副作用はほとんど起こりません。 さらにお茶なので、水で薄めれば効果を調節出来ます。 飲んでみて効き目が強すぎても、自分で簡単にコントロールできるのも便秘茶の利点です。

 

ただし使い方が悪ければ副作用も起こる

とはいえ飲みすぎたり、お茶として濃すぎたりすると腹痛や下痢を起こします。 便秘に悩んでいると早く効果を出したいと思うあまり、薬の量を増やしてしまう人が多いです。

 

これは便秘薬を使用する上でもっとも多い失敗であり、「効き目がイマイチだから量を増やそう」と思ったことのある人も多いはず。 また、用法容量を守ろうとするあまり、体質に合う濃度に調節しない事も原因の1つです。

 

便秘茶も効果のメカニズム自体は便秘薬と同じで、腸に刺激を与えるものです。 なので飲みすぎたり、濃すぎたりすれば当然副作用も起こります。

 

安全な便秘茶の見分け方は?

一口に便秘茶といっても多くの種類が存在します。 どうせ飲むなら安全な便秘茶を選びたいという人も多いでしょう。

 

安全な便秘茶を選ぶポイントは以下の3つです。

 

薬と同じ成分が含まれている便秘茶は選ばない

便秘茶の中には、薬と同じ成分が入ったものもあります。 便秘薬が合わないから便秘茶を試そうと思っても、成分が同じでは意味がありません。 事前に便秘薬の成分を見ておき、同じ成分が入っていないかをチェックしましょう。

 

「センナ、キャンドルブッシュ、アロエ」が使用されたものは避ける

天然由来の成分でも、センナ,キャンドルブッシュ,アロエはおすすめしません。 これらは便秘薬に使われる代表的な成分だからです。 とくにセンナとキャンドルブッシュに含まれる『センノシド』は下剤に使われている成分で、副作用である腹痛も起こしやすい傾向にあります。

 

「すぐに効く」、「即効で解消!」と言う謳い文句のものも要注意

便秘茶の中には効き目の速さをやたらアピールしているものがあります。 しかし便秘茶は緩やかな効き目が特徴であり、飲んですぐに効く事はありません。 効き目がゆっくりだから、無理せず毎日飲めるように”お茶”として作られているのです。 効き目の速さをアピールしているものは、効き目が強すぎるあまり副作用を起こす可能性があります。

 

妊娠中でも飲める便秘茶もある

便秘茶のもう1つのメリットは、『妊娠中でも飲めるものがある』ことです。 便秘薬は子宮収縮を引き起こす可能性があり、妊婦の服用は推奨されません。しかし便秘茶の中には妊娠中でも飲めるものがあります。「妊娠中、搾乳中でも飲めます」とあるものを選べば大丈夫です。

 

妊娠中は便秘になりやすいのに、便秘薬は心配で飲めないのでツラい思いをする人が多いです。 妊婦でも飲める便秘茶があるのは嬉しいところですね。

 

便秘茶の安全な飲み方

便秘茶はあまり一度にたくさん飲むのはやめましょう。 下剤ほどでは無いにせよ、便秘茶は腸へ刺激を与えます。 飲みすぎればそれだけ刺激も強くなり、腸への負担となるからです。

 

「薬も過ぎれば毒となる」という言葉もあるように、どんなものでも大量に取りすぎれば害になります。 用法容量を守って飲むのが安全な飲み方です。

 

また、人によっては用法容量を守っても効き目が強くなる場合があります。 これは体質の問題なのですが、効き目が強すぎたから飲むのを止めるという人も多いです。 そうした場合は通常よりも薄めに作るのが良いです。 定められた用法で作った便秘茶を水でさらに薄め、自分の体質に合う濃度に調節すれば大丈夫です。

 

毎日飲むものを工夫すれば、便秘解消も簡単!

便秘茶は毎日お茶代わりに飲め、無理なく続けられる便秘解消法です。 便秘が長引くと肌荒れやニキビの原因となり、美容の大敵です。 腸の働きも落ちる上、悪玉菌がドンドン増えるので肌トラブルをさらに加速させてしまいます。

 

便秘を解消したいけど便秘薬や下剤に頼りたくないという人は便秘茶がオススメです。 継続的に使用すれば自然に催し、慢性的な便秘の解消になります。

便秘茶ランキング

当サイト人気記事

便秘改善のお茶 痩せるお茶 ダイエットティー

便秘改善のお茶

便秘改善におすすめのお茶の理由を解説。カフェインを多く取りすぎると逆効果にもなるので注意。

詳細はこちらを確認

痩せるお茶

食事制限や運動をしてもなかなかすっきり痩せられない時は痩せるお茶を飲んでみるのもおすすめです。

詳細はこちらを確認

ダイエットティー

ダイエットのサポートとしてダイエットティーが話題になっています。賢く引用してキレイな身体を作りましょう。

詳細はこちらを確認