慢性的な便秘になる6つの原因

便秘 原因

 

便秘には一過性の急性便秘と慢性的な便秘の2種類があります。体調を崩した、旅行中でトイレの時間を確保できない、不規則な生活が続いた、といった一時的な理由で便秘になった場合はすぐに解消されますが、慢性的な便秘は、なかなか解決せず、つらいものがありますよね。

 

残便感がある、腹痛がある、お腹が張っているなど、毎日すっきりしない日々が続いているのではないでしょうか。ここでは、慢性的な便秘で悩まされている場合の“便秘になる原因”をご紹介していきます。

慢性的な便秘の原因とは?

運動不足

現代人は移動手段として電車やバス、車を使用するため、日常生活の中で運動する機会が減っています。子どものころは外で遊ぶ機会も多かったのに、大人になるにつれて体を動かすことがなくなってきたという人が多いのではないでしょうか。

 

排便を促すためには、腹部の筋力をつけておくことが大切です。運動が習慣化されれば、必要な筋力を鍛えることができたり、自律神経の乱れを整えることもできるのです。

 

毎日が忙しくて、運動する時間をとることができないという方は、日常生活の中で体を動かす場面を増やすことから始めましょう。

 

例えば、通勤のとき一駅分歩いてみる、自転車を使っていた距離を歩いてみる、そうじのときは掃除機を使用するのではなく、ぞうきんがけをして体全身を使うなどです。

 

水分不足

水分不足になっている場合、便をやわらかくし、出しやすくするための水分まで奪われてしまいます。排便のとき、便が硬くてスムーズに出ない、コロコロした便が出る、残便感があるといった症状を抱えている方は、積極的に水分をとるようにしてください。

 

むくみが気になるから水分を摂りすぎないようにしている方もいるかもしれませんが、腸内環境を整えることが健康への第一歩ですので、まずは腸の健康に気を配りましょう。

 

便秘改善にはお茶がおすすめ!その理由と効果とは?

 

不規則なライフスタイル

仕事の都合で不規則になりがちな現代人のライフスタイル。生活リズムが乱れてしまうと、排便もスムーズに行われません。その理由は、人間の体が、朝は排出を促し、昼は消化を促し、夜は吸収を促すようにできているからです。

 

不規則な生活を送っていると、朝の便意を逃してしまい、昼には体が消化モードへチェンジしてしまいます。夜には吸収モードになってしまうので、より出にくくなってしまいます。

 

そのため、朝トイレに座る習慣をもつよう心がけましょう。慢性的な便秘の悩みを抱えている方で、夜、トイレに座るように習慣づいている方も、朝に変更すると、より排便しやすくなります。

 

食物繊維不足

日本人に多いのが、食物繊維不足による便秘です。なぜ、食物繊維が必要なのでしょうか?理由は食物繊維には以下の役割があるからです。

  • 腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
  • 腸内で水分を含んで膨らむので、腸を刺激して腸のぜん動運動を促す
  • 便のカサを増やし排便がスムーズに行われる

食物繊維には、水に溶けて便をやわらかくする“水溶性食物繊維”と、水分を含んで膨らむ“不溶性食物繊維”の2種類があります。前者は、ひじき・わかめといった顔藻類、昆布、果物などがあげられます。

 

後者は、大豆・小豆などの豆類、さつまいも・里芋などのイモ類、えのき・しいたけなどのキノコ類、ぞば・ライ麦などの穀類、ごぼう・切り干し大根・とうもろこしなどの野菜類があります。両者をバランスよく摂取することが大切です。

 

頑固な便秘解消のために、摂るべき食べ物とは?

便意を我慢している

外出中に便意を感じても、忙しいから、恥ずかしいから、面倒だからという理由で我慢してしまうという人は要注意です。便意は、“出す準備ができました“という体からのサインです。

 

便意があるのに、繰り返し排便を我慢していると、次第に体の準備が整っても便意を感じなくなり、習慣性の便秘となってしまいます。便意がなければますますトイレに座る時間をもたなくなり、体に不要な老廃物がたまっていく一方です。

 

出したいときに我慢していると、肌荒れ、お腹の張りを感じる、ガスがたまるといった様々な症状が現れます。健康のため、便意を感じたときは、トイレに行くように心がけてください。

 

薬の副作用

持病などで薬を常用している人は、薬による副作用で便秘を引き起こしている場合があります。どのような薬でも、主となる効果ばかりでなく副作用があります。

 

なかには、消化管の運動を抑制し、便秘を起こしやすくする副作用もあるのです。代表的なのが、咳止め薬、抗うつ薬、抗がん剤、抗てんかん剤などです。

 

こうした薬によって引き起こされる便秘を薬物性便秘と言いますが、本人も気づいていないうちに薬物性便秘になっている人が多いのです。薬物性便秘の場合は、便秘薬や浣腸などに頼るのではなく、一度薬を処方してもらっている医師に相談してみましょう。

 

便秘に効く薬にはどんなものがある?薬の種類と正しい知識

まとめ

一時的な便秘になるのに原因があるように、慢性的な便秘にも必ず原因があります。原因はひとつだけではなく、複数あるケースがほとんどです。これらの原因を複合的に判断し、自分の生活を見直してみてください。便秘薬に頼る前に、できるだけ自然な排便ができるよう改善していきましょう。

便秘改善ならこちらのダイエットティーがおすすめ!

モリモリスリム

便秘を改善・解消したいなら今話題の便秘茶(ダイエットティー)がおすすめです。薬に頼らず、より自然に便秘を克服したい人に大人気です。毎日続けることができるので、身体の内側からキレイにしていきましょう。

便秘茶は「モリモリスリム」が飲みやすくて一番手ごろに手に入れることができます。薬ではなく、より自然に便秘を改善したい人は一度モリモリスリムをお試しください。


当サイト人気記事

便秘改善のお茶 痩せるお茶 ダイエットティー

便秘改善のお茶

便秘改善におすすめのお茶の理由を解説。カフェインを多く取りすぎると逆効果にもなるので注意。

詳細はこちらを確認

痩せるお茶

食事制限や運動をしてもなかなかすっきり痩せられない時は痩せるお茶を飲んでみるのもおすすめです。

詳細はこちらを確認

ダイエットティー

ダイエットのサポートとしてダイエットティーが話題になっています。賢く引用してキレイな身体を作りましょう。

詳細はこちらを確認